So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

きれいなトップページを作ると売れなくなる理由 [ネットショップ]

よく「きれいなトップページにしたい」とか
「かっこいいトップページにして欲しい」
という要望があるのですが、私はほぼ無視しています(笑)。
一般的に、芸術的なデザインを好む人は多いですが、
そんなデザインのページを作っても、売上が増えるわけではないからです。

「トップページはお店の顔」だと思っている人が多いのですが、
それは間違いです。
アクセス解析でPVなどを確認してみてください。
ネットショップの場合、
商品ページを直接見に来る人が圧倒的に多いはずです。
トップページは、次の商品を探すために
ちょっと立ち寄るためのページなのです。

次の商品を探すために立ち寄ったのに、
イメージ画像や抽象的な文章ばかりで、
他の商品やおすすめ商品が表示されていなければ
別のお店を探しに行きます。
ユーザーが求めているのは、
きれいな、かっこいい、芸術的なトップページではなく、
欲しい商品が紹介されているページ
なのです。


ためしに、ランキングなどを調べて、
(異業種のショップでいいので)
売上の多いショップのトップページを見てください。
ほとんどの場合、ごちゃごちゃした、
雑多な感じのトップページになっているはずです。
きれいなページやかっこいいページではありません。
なぜ、そんなページが多いのかというと、
「売れるように作っていくとそうなるから」です。


たまに、ブランディングという名目で
デザイン性を重視する場合もあるのですが、
それは、広告費に年間何億円もかけている大企業の話しで、
月商数百万円程度のショップが
マネできることではありません。
マネしてもいいですが、売れなくなるだけです。


売上とトップページのデザイン性は連動しません。
トップページのデザインにこだわるよりも、
商品ページを増やした方が、売上につながります。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。