So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

どこから来ているかでネットショップの売上げ対策は違う [ネットショップ]

ネットショップの売上げを増やすために、
本を読んだり、ネットで調べたりして、
いろいろと対策をしていると思います。

しかし、自分のショップの戦略に合わない対策を行っても、
効果が薄いこともあります。
ユーザーがどこから来ているのか?を調べておくと、
効率的に作業を進めることができます。


検索からの流入
一番わかりやすいのが、ユーザーが検索して、その結果から来店するケースです。
ユーザーもある程度買うために検索しているので、成約率も高くなる傾向があります。
検索からの流入を増やすには、キーワード対策が必要です。
検索機能を持っているショッピングモールに出店しているのであれば、
そちらの機能に合わせてキーワード対策します。
独自のネットショップであれば、Google のキーワード対策を行います。

価格比較サイトからの流入
安売り戦略であれば、価格比較サイトからの流入を増やしたいこともあります。
販売価格を下げる以前に、価格比較サイトに表示される必要があります。
価格比較サイトもいろいろな方式があるので、
それぞれ調べてみないと分からないこともあります。
ショッピングモールからデータを受け取って
自動的に表示している比較サイトの場合(ほとんどの比較サイトがこれ)、
カテゴリやJANコードでデータを取得する場合が多いので、
これらのデータを正確に入力しておく必要があります。
また、比較サイトでは、「送料無料」にすると不利になることもあります。
ほとんどの場合、送料を含めた価格で比較することはできません。
本体価格で比較されるので、「送料別」の方が有利です。

広告からの流入
表示される画像での対策になります。
ネット広告にもいろいろありますが、
地味な画像が表示されても、クリックされる確率は低くなります。
なので、色が派手な商品や形がおもしろい商品は、
広告戦略に向いているかもしれません。
広告から来てもらえたら、商品ページで説得して
買ってもらうという流れになります。

メルマガ、ブログ、SNSからの流入
メルマガやブログ、SNSをうまく使うと、爆発的に売れたりすることがあります。
リピート商品などはやりやすいかもしれません。
ただし、リピート商品でない場合、売る商品が無いとか、
毎回同じ商品を紹介しているとかしていると、
飽きられてしまいます。
まずは、商品登録を増やし、
在庫切れにならないような体制を作らなければいけません。
ブログやSNSに商品説明を書くのであれば、
商品ページは、(とりあえず)スペックだけでもいいかもしれません。



細かく書くと大変な量になるので、ザックリとした説明でしたが、
結局のところ、複合的な対策が必要になります。
しかし、どんな売り方をしていきたいのか(戦略)がはっきりすれば、
効果の無い対策をする必要は無くなります。

現状を調べてみて、どんな対策をするのか分かっていた方が、
作業はしやすいと思います。

流入元は、アクセス解析などを使えば、調べることができます。
ショッピングモールに出店しているのであれば、
管理ページのどこかにあるはずです。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

出来ていて当たり前!?意外と多い間違い [ネットショップ]

いろいろなネットショップを見ていると、
「根本的」な間違いを見かけることがあります。
当たり前すぎてブログで書くほどのことではないと思ったのですが、
とりあえず、書いておきます。


■HTMLやcssが正しく書かれていない
HTMLやcssにあまり詳しくない人は、
テンプレートなどからコピペしたりして使っていると思います。
ところが、そのテンプレートが間違っていたり、
ちょっと書き換えたときに間違ったりしていることがあります。

半角スペースが抜けているとか、
タグが全角文字で書かれているとか、
""でくくられていないとか。

HTMLやcssが間違っていると、想定通りの表示にならないとか、
画面上に変な文字が表示されるといった状態になります。
極端な場合には、
Googleなどからスパムサイトと認識されてしまうことも考えられます。

HTMLやcssには、書き方のルールが決まっています。
あやふやな知識で間違ったままにしておくと、
あとから思いもよらない問題に発展する可能性もあります。


■商品写真と説明文が合っていない
たまに、写真や商品名と違う説明文になっているページを見かけます。
ワードなどで作った文章をコピペするときに間違えたか、
違う商品の資料を見ながら入力してしまったか・・・。

写真と説明文が違うことに気づいたユーザーは、
写真が正しいのか、説明文が正しいのか判断できないので、
購入しなくなります。
また、商品知識をもっていないユーザーが気づかずに買ってしまうと、
「説明と違う」というクレームになり、
「二度とこの店で買わない!」ということになります。

せっかく、ユーザーが商品を探して当ててページを見に来てくれたのに、
購入する前に離脱することになります。
これでは、どんなに宣伝しても売れません。


■スマホ用画面を作っていない
扱っている商品にもよるかもしれませんが、
現在のネットショップでは、PCからよりも
スマホから購入する人の割合が圧倒的に多いと思います。

スマホからの売上げは、
PCからの売上の2倍くらいになってもおかしくありません。
それなのに、スマホ対策をまったくしていないショップが
たまにあります。

普段からスマホを使っていない人からすると、
よくわからないのかもしれませんが、
スマホ対策はかなり重要です。

もし、スマホ用のページを作っていないのであれば、
作るだけでかなり売上が増えるはずです。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

きれいなトップページを作ると売れなくなる理由 [ネットショップ]

よく「きれいなトップページにしたい」とか
「かっこいいトップページにして欲しい」
という要望があるのですが、私はほぼ無視しています(笑)。
一般的に、芸術的なデザインを好む人は多いですが、
そんなデザインのページを作っても、売上が増えるわけではないからです。

「トップページはお店の顔」だと思っている人が多いのですが、
それは間違いです。
アクセス解析でPVなどを確認してみてください。
ネットショップの場合、
商品ページを直接見に来る人が圧倒的に多いはずです。
トップページは、次の商品を探すために
ちょっと立ち寄るためのページなのです。

次の商品を探すために立ち寄ったのに、
イメージ画像や抽象的な文章ばかりで、
他の商品やおすすめ商品が表示されていなければ
別のお店を探しに行きます。
ユーザーが求めているのは、
きれいな、かっこいい、芸術的なトップページではなく、
欲しい商品が紹介されているページ
なのです。


ためしに、ランキングなどを調べて、
(異業種のショップでいいので)
売上の多いショップのトップページを見てください。
ほとんどの場合、ごちゃごちゃした、
雑多な感じのトップページになっているはずです。
きれいなページやかっこいいページではありません。
なぜ、そんなページが多いのかというと、
「売れるように作っていくとそうなるから」です。


たまに、ブランディングという名目で
デザイン性を重視する場合もあるのですが、
それは、広告費に年間何億円もかけている大企業の話しで、
月商数百万円程度のショップが
マネできることではありません。
マネしてもいいですが、売れなくなるだけです。


売上とトップページのデザイン性は連動しません。
トップページのデザインにこだわるよりも、
商品ページを増やした方が、売上につながります。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

商品を並べておくだけでは売れないネットショップ [ネットショップ]

ネットショップは小売業です。
もともと小売業をやっている人は
ネットショップを立ち上げても、
比較的うまくやっていけます。

ところが、製造業や卸業などの人がネットショップを始めると、
思ったように売れないということがよくあります。
これは、BtoB と BtoC の違いを理解していないことが原因です。


製造業や卸業などは、BtoB(Business-to-Business) ですが、
ネットショップは BtoC(Business-to-Consumer) です。
BtoB と BtoC では、やり方や考え方が違います。
まったく別の商売です。


製造業や卸業などの BtoB では、値段を安くすれば売れます。
取り扱う商品数を増やしたり、
大量注文に対応できるようにしたりします。
在庫がなくても、注文を受け付けることができます。
取引先からは、技術的な説明を求められます。
ブランド力がなくてもそれほど問題にはなりません。


では、小売業(BtoC) の人たちは、
商品を売るためになにをやっているのかというと、
チラシを配り、ポップを書き、定期的に棚替えをします。
商品説明できるように、自分で商品を使ってみたりもします。
在庫が切れないように、発注を調整します。
ブランド力があれば、値段が高くても売れます。
ユーザーの声を聞いて、日常的に改善していきます。

小売業の経験が無いと、
これでなぜ売れるのか理解できないかもしれませんが、
これが BtoC で売るためのコツなのです。


たまに、近所の小売業を見に行ってはどうでしょうか?
コンビニでも、ドラッグストアでも、ホームセンターでも、
店員さんが忙しそうに動き回っています。
無駄に動き回っているわけではありません。
商品を売るために動き回っているのです。


ネットショップでは、
製造業や卸業などのやり方や考え方は、まったく通用しません。
商品を並べておくだけでは売れないのです。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

やってはいけないネットショップでの誤字脱字 [ネットショップ]

どんなネットショップでも
検索からの流入にある程度頼っていると思います。
売上のほとんどが検索からというショップもあるかもしれません。
検索に使われるキーワードが間違っていたら、
かなり売上に影響します。


例えば、
「ディスク」という言葉を、「デイスク」と登録してしまったとします。
「ディスク」を検索したユーザーの検索結果には、
あなたのページは絶対に出てきません。
検索結果に出てこなければユーザーがあなたのページを見ることはありません。
これは、どんなにがんばっても、売れる可能性はゼロということです。


このようなちょっとした誤字脱字は、
紙や電話でのやりとりではほとんど問題になりません。
人間がいいように判断してくれるからです。
しかし、コンピュータはいいように判断してくれません。
ネットの世界ではたった1文字違っただけで致命的な問題となります。

実際、誤字脱字を直しただけで売れるようになることはよくあります。
それまでまったく売れなかった商品が、
1文字直しただけで、毎月売れるようになったりします。


一番多いのは、例にあげたようなカタカナ語の間違いです。
カタカナ語を使い慣れていない人は、
正しいと思って使ってるケースもあるようなので、
他人に見てもらうことが必要かもしれません。

次に多いのは、どこかからコピペしてきた時に
最後の1文字が切れてしまったみたいな間違いです。
コピペ元が間違っていたということもあります。
読み直せばわかることなのですが・・・。

他にも、使う漢字が違っていたりだとか、
そもそも日本語になっていないとか、いろいろあります。


ちょっとした誤字脱字は、
数百件も商品を登録していたら、1つや2つあるものです。
時間をおいてから見直してみると、見つけやすいかもしれません。

なお、理由はわかりませんが、
「うちはちゃんとやってるから大丈夫だよ!」
という人ほど、大量に誤字脱字が見つかるのも特徴です。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

がんばっているのに売れないネットショップの問題点 [ネットショップ]

ネットショップの相談があると、
そこの社長さんや店長さんなどから話を聞くのですが、
「がんばっているのに売れないお店」には、
共通点があります。

それは、「変なこだわりがある」こと。

例えば、
・トップページはかっこよくしたい
・綺麗な商品写真を使いたい
・レビューの数を増やしたい
・とにかく商品の登録数を増やしたい
・他店の価格を調べて、最安値をつけたい

たぶん、どこかから聞きかじったのだと思いますが、
こんな売上につながらない部分ばかりに時間を使っていたら、
売れるようになるはずがありません。

ネットショップに限った話しではありませんが、
なにか絶対的な方法があり、
それだけやっていれば必ず売上が増えるということはありません。

扱う商品や販売戦略に合わせて、
やり方を変えたり、組み合わせたりすることで、
売れるお店になっていきます。
なので、ベストなやり方はお店ごとに違ってきます。


売れているショップの人と話をすると、
こだわっているのは「売れるかどうか」であって、
そのやり方にはあまりこだわっていません。


コンサルをしていて一番時間がかかるのが、
この「こだわりを捨ててもらう」ことです。
実際にやってみせても、結果を出して見せても、
こだわりを捨てることができないという人はたくさんいます。

長年こだわってやってきたことを変えるのは
簡単ではないかもしれません。
やり方を変えてしまうと、売上が落ちてしまうのではないか
という不安があったりもします。

それでも、「がんばっているのに売れないお店」の
売れない原因は、変なやり方にこだわっているからです。

売上に影響しないようなところばかりをどんなにがんばっても
売れるようにはならないのです。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

楽天市場で売れなくなったショップが多いらしい [ネットショップ]

楽天市場に出店している知り合いから、
「売上が下がって困ってる」と相談(?)がありました。
RMSの画面を見せてもらったのですが、
思った以上に売上が落ちていました。

その後も、何件か同じような話があり、見せてもらうと、
だいたい似たような状況でした。

数件のショップを見ただけでこんな状況だと、
全国で見たらすごいことになっているのかなと思い、
楽天のECCに聞いたら、やっぱり苦情の嵐らしいです。


4月から楽天市場のシステムが変更になり、
特に、広告周りは大幅に変更になりました。
まだ、移行途中という感じなので、
早めに対応しないと、
売上はどんどん落ちていくと思われます。


ちなみに、私がコンサルとして関わっているショップは数件あるのですが、
売上が落ちているというほどではありません。
右肩上がりだったのが、ちょっと鈍化したかな?
という程度です。

たぶん、裏技的なやり方で売上を増やしていたショップは、
極端に売上が落ちていると思われます。

楽天からのアナウンスを見ていてると、
今まで以上に「顧客満足度」を重視した変更になっているようです。

楽天市場のシステムを使って商売をしている以上、
楽天の考え方を理解していないと
いつかはうまくいかなくなると思います。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

イラストをオーダーメイドできるSKIMA [Web サービス]

skima.jpg

ホームページやwebサービスを作っていると、イラストが欲しくなることがあります。
他にも、SNSのアイコンが欲しいとか、壁紙用のイラストが欲しいとか。
自分でも描けるけど、普段から絵を描いているわけではないので、時間がかかるし、めんどくさい。
そんなとき、絵師さんと購入したいユーザーをつなげるサービスです。

イラストのオーダーメイドサービス SKIMA

絵師さんと直接やり取りできるので、いろいろと頼みやすくなっています。
リクエストして、クリエイターの側から提案してもらうこともできます。
絵を描く人は、自分の作品を販売することもできるようになっています。


使ってみると、操作がわかりづらいので、慣れるまで時間がかかるかもしれません。
が、画像系のシステムなのに、サクサク動くので、あまり使いにくいという印象はありません。
webサービスで、サクサク動くのは大事!

サービスの運営はかなりしっかりしていて、登録は、メールアドレスを登録する方法のほか、facebook、Twitter、Google+、LINE のアカウントからもログインできます。
支払い方法は「コンビニ払い」や「クレジットカード払い」などが用意されています。
運営も、レスポンスが早いです。
機会があれば、使いたいと思うサービスです。


個人的にですが、この手のサービスで気になっていることがあって、それは、適正価格を維持できるかどうか?ということ。
描く側が手を抜いたり、買う側が値下げばかり要求したりしていると、クオリティが下がるだけになってしまいます。
手間のかかった絵なのに、安い値段になったりしないでほしい。
運営側が、この辺をちゃんと管理できれば、いいサービスになっていくと思うんですけどね。

イラストのオーダーメイドサービス SKIMA


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

リアルタイムで日付表示 [JavaScript]

日付をリアルタイムで表示する Javascript です。
日付が変わるのは1日1回なので、リアルタイムで表示する必要がないこともありますが、日付をまたいで利用するユーザーがいると想定される場合は、リアルタイムで表示を更新したくなります。

<!DOCTYPE html><html lang="ja"><head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<title>リアルタイムで日付を表示</title>
<script type="text/javascript"><!--
function showDate(){
	var hiduke=new Date(); 
	var year = hiduke.getFullYear();
	var month = hiduke.getMonth()+1;
	var week = hiduke.getDay();
	var day = hiduke.getDate();
	var yobi= new Array("日","月","火","水","木","金","土");
	var msg = year + "年" + month + "月" + day + "日(" + yobi[week] + ")";
	document.getElementById("rtDate").innerHTML = msg;
}
setInterval('showDate()',1000);
// --></script>
</head>

<body>
<div id="rtDate"></div>
</body></html>


年月日と曜日を取得します。
曜日は、数字で返ってくるので、文字に変換します。
表示する文字列を作成し、id="rtDate" に表示します。
リアルタイムで表示を更新するために、setInterval() で1秒ごとに showDate() を実行しています。

JavaScript なので、ローカルのパソコンの日付設定を取得しています。
パソコンの日付設定が狂っていると、そのまま表示します。



表示桁数を2桁に固定して、2000年1月5日 を 2000年01月05日 と表示した方が見やすいかもしれません。。
曜日ごとに表示色を変えるなども考えられます。
<!DOCTYPE html><html lang="ja"><head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<title>リアルタイムで日付を表示2</title>
<script type="text/javascript"><!--
// 桁数が1桁だったら先頭に0を加えて2桁にする
function set2figures(num){
	var ret;
	if(num<10){
		ret = "0" + num;
	}else{
		ret = num;
	}
	return ret;
}

function showDate(){
	var hiduke=new Date(); 
	var year = hiduke.getFullYear();
	var month = set2figures(hiduke.getMonth()+1);
	var week = hiduke.getDay();
	var day = set2figures(hiduke.getDate());
	var yobi= new Array("<font color='#ff0000'>日</font>",
	"月","火","水","木","金","<font color='#0000ff'>土</font>");

	var msg = year + "年" + month + "月" + day + "日(" + yobi[week] + ")";
	document.getElementById("rtDate").innerHTML = msg;
}
setInterval('showDate()',1000);
// --></script>
</head>

<body>
<div id="rtDate"></div>
</body></html>


このサンプルはテキスト表示なので、数字の画像を作って、日めくりカレンダー的な表示にもできます。
月単位のカレンダー形式にするのであれば、JavaScript ではなく、サーバー側で作った方がいい場合もあります。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

リアルタイムで時間表示 [JavaScript]

時間をリアルタイムで表示する Javascript です。

<!DOCTYPE html><html lang="ja"><head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<title>リアルタイムで時間を表示</title>
<script type="text/javascript"><!--
function showTime(){
	var jikan = new Date();
	var nowHour = jikan.getHours();
	var nowMin = jikan.getMinutes();
	document.getElementById("rtClock").innerHTML = nowHour + "時" + nowMin + "分";
}
setInterval('showTime()',1000);
// --></script>
</head>

<body>
<div id="rtClock"></div>
</body></html>


時間と分を取得して、表示する文字列を作成し、id="rtClock" に表示します。
リアルタイムで表示を更新するために、setInterval() で1秒ごとに showTime() を実行しています。

JavaScript なので、ローカルのパソコンの時間設定を取得しています。
パソコンの時間設定が狂っていると、そのまま表示します。



時間表示のカスタマイズは、いろいろ考えられます。
このままだと動いているか分かりづらいので、秒を取得して、1秒ごとに点滅させることも考えられます。
表示桁数を2桁に固定して、1時5分 を 01時05分 してもいいかもしれません。
24時間表示ではなく、AM/PM 表示の方が見やすいという人もいると思います。
<!DOCTYPE html><html lang="ja"><head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<title>リアルタイムで時間を表示2</title>
<script type="text/javascript"><!--
// 桁数が1桁だったら先頭に0を加えて2桁にする
function set2figures(num){
	var ret;
	if(num<10){
		ret = "0" + num;
	}else{
		ret = num;
	}
	return ret;
}

// AM/PMと12時間表示
function setAMPM(hour){
	var ampm;
	var ret;
	if(hour < 12){
		ret = "AM " + set2figures(hour);
	}else{
		ret = "PM " + set2figures(hour-12);
	}
	return ret;
}

// 秒ごとに点滅
function setFlash(sec){
	var cnt = sec % 2;
	var ret;
	if(cnt != 0){		// 奇数
		ret = "+";
	}else{				// 偶数
		ret = "*";
	}
	return ret;
}

function showTime(){
	var jikan = new Date();
	var nowHour = setAMPM(jikan.getHours());
	var nowMin = set2figures(jikan.getMinutes());
	var nowsec = setFlash(jikan.getSeconds());
	document.getElementById("rtClock").innerHTML = nowsec + nowHour + ":" + nowMin;
}
setInterval('showTime()',1000);
// --></script>
</head>

<body>
<div id="rtClock"></div>
</body></html>


このサンプルはテキスト表示なので、数字の画像を作って、画像で表示すると時計らしくなります。
画像は、毎回読み込んでいるとアクセスに時間がかかるので、起動時にまとめて読み込むなどの工夫が必要になります。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
前の10件 | -