So-net無料ブログ作成

エラーメッセージ画面のwebデザイン [雑談]

webシステムやwebサービスを作っていると、エラーメッセージを表示する画面が必要になってきます。
エラーメッセージやエラーコードをそのまま表示していると、攻撃者に対してディレクトリ構造やファイル名などの情報を与えてしまうことになるため、エラーメッセージを表示する画面を独自で用意します。

仕組みとしては、エラー(例外)をキャッチしたら、独自のエラーメッセージ画面を表示するだけです。
処理系によっては自動でそのような画面を表示するものもありますが、php ではそのような仕組みは無いので、自前で用意することになります。
しかし、あまり凝った画面にしてしまうと、エラーが発生しているのにエラーメッセージを表示できないということもあります。


例えば、データベースがなんらかの理由で止まってしまった場合、「データベースに接続できません」というメッセージ画面を表示することになります。
でも、画面に表示するデータをデータベースから持ってきていたりすると、データベースが止まっているので表示するデータを取得できないことになります。
独自のエラーメッセージやエラーコード、システム名や次の処理方法などは、データベースで管理すると便利ですが、場合によっては表示できなくなるかもしれません。

また、通信速度が異常に遅くなってエラーになった場合、画像ファイルなどは読み込めない可能性もあります。
その場合、エラーメッセージ画面をうまく表示できないかもしれません。
今の日本ではあまり発生しないかもしれませんが、ADSL回線だったり、通信状況の悪い国だったりすると、このようなエラーは割と頻繁に発生します。


どんなエラーに対してその画面を表示するのかにもよりますが、かなりいろいろな状況が想定されるはずです。

結局のところ、エラーメッセージを表示する画面は、テキストベースで、データベースなどに依存しない、シンプルなwebデザインが必要になってきます。できれば、javascript も使わず、css も小さくする(もしくは html に含める)ような配慮が必要です。

独自のエラーメッセージ画面で個性を出したいとかいう人もいるかもしれませんが、そもそもの目的は、エラーが発生していることをユーザーに伝えることです。
エラーメッセージ画面を表示できないのであれば、意味がありません。

どんな状況でも、ユーザーにエラーが発生していることを伝えられるようにデザインする必要があります。



nice!(1)  コメント(0) 

ホームページの運営に必要な更新作業 [雑談]

ホームページの更新作業というと、
写真を変えたり、文章を書き直したり、
という、コンテンツの更新作業を思い浮かべると思います。
でも、これだけではありません。
画面上に表示されない部分の更新作業は、もっと頻繁に発生します。



1つは、SEO対策のための更新作業。
アクセス解析などの結果を見ながら、修正していきます。
正解は無いようなものなので、いろいろ試してみることも必要になってきます。
なので、とにかく時間がかかります。
気にしている人は、わりと頻繁に修正していると思いますが、ある程度までいくと放置してしまいがちです。
できれば、月に1回くらいはホームページを見直して、更新作業をしたいものです。



もう1つは、技術的な更新作業です。
インターネットの技術は、どんどん新しい技術が出てきます。
それらに対応していかないと、「新しいブラウザではホームページを見ることができない」とか「ホームページのデザインが崩れてしまう」ような状態になってしまいます。

例えば、今までにもいろいろありました。
 ・html の新しいバージョンが普及した時
 ・文字コード utf-8 が一般的になった時
 ・スマホやタブレットが普及してきた時
 ・OGP が出てきた時

などです。
今後、考えなければならないのは、AMP の対応でしょうか。

これらの更新作業は、最新技術を常に監視して、いち早く対応する必要はありません。
もしかすると、対応しなくてもいいかもしれません。
しかし、対応が遅れると、ホームページを見に来る人は減ってしまいますし、知らないうちに表示がおかしくなっていることもあります。
細かい変更も含めると、年に数回は、このような更新作業が発生します。



さらに、WordPress などの CMS (Contents Management System) を使っている場合、CMS やプラグインのバージョンアップという作業も発生します。
WordPress などは、オープンソースなので、攻撃対象になりやすく、早めにバージョンアップしておかないと、被害に遭う可能性が高くなります。

この CMS のバージョンアップというのが意外に難しくて、失敗すると今までのデータが無くなってしまうこともあります(私も1度経験しました)。
パソコンに詳しい人であれば自力でできるとは思いますが、普段それほどパソコンを使わないような人だと、ちょっと難しいかなと思います。

ところが、WordPress などを使ってホームページを作成している業者で、バージョンアップまで面倒を見てくれる業者はあまり見かけません。
なかには、技術的に出来ないという業者までいます。
画面上の見た目だけはこだわるけど、技術的なことはユーザー任せというのは、どうなんだろう?




画面上の表示(コンテンツ)は、まったく変わらないので、これらのような作業が必要だということを知らない人は、たくさんいると思います。
でも、ホームページを運営するということは、こういうこともすべて含めて更新していくということです。
コンテンツの変更が無くても、月に1回くらいは見直しが必要になります。
たぶん、自分で更新作業をしていけるという人は、そういう仕事をしている人くらいです。
一般の人ではできません。

もし、ホームページの作成を業者に頼むのであれば、運営も含めてやってくれる業者なのか検討してみてください。



nice!(1)  コメント(0) 

ランディングページ(LP)とは何? [雑談]

最近、ランディングページ(LP)という言葉をよく聞くようになってきました。
情報商材をあつかっているような人たちは、昔から使っていたのですが、一般企業が意識してランディングページ(LP)使い出したのは割と最近のような気がします。

ランディングページ(LP)とは、ユーザーに何かアクションしてもらうために作るペラサイト(1ページで完結するホームページ)のことです。
ページの最後にボタンがあり、最終的にそのボタンをクリックしてもらうことを目的としています。
ランディングとは、「着地」という意味で、ボタンをクリックしてもらうことが着地地点となります。
複数ページにすると、途中で見るのをやめてしまう人がいるので、1ページで作ります。
ユーザーに期待しているアクションは、資料請求だったり、新規登録だったり、商品の販売だったりします。


ユーザーに何かアクションしてもらうことに特化しているので、普通のホームページとは、考え方がかなり違います。

まず、流入経路が違います。
ホームページは、検索からの流入をメインに考えているので、SEOなどのテクニック(?)も必要になります。
一方、ランディングページ(LP)は、広告リンクやチラシのQRコードなどからの流入をメインにしています。
ランディングページ(LP)は、ある程度興味を持っている人に見てもらえないとアクションしてもらえる確率が下がるので、広告のリンク先などにします。

内容的には、ユーザーに何かアクションしてもらうための内容にしなければいけないため、ホームページ以上に言葉や文章の配置、配色が大事になります。
読み進めていく中で、不安を取り除き、ボタンをクリックしたくなるような作り方をします。

見た目のデザインは、邪魔になるので使いません。
ランディングページ(LP)は、ある程度興味を持っている人に見てもらうためのサイトであって、イメージ戦略に使うサイトでは無いからです。
成果の出ているランディングページ(LP)を見ると、デザインがバラバラな印象を受けることがよくありますが、これは戦略です。
きれいなページを作ってしまうと、途中で飽きてしまう人が多いので、あえてデザインを統一しないこともあります。

また、期間限定や数量限定にするのも、ランディングページ(LP)の特徴です。
ホームページのように、作って放置しておいても、成果は上がりません。
限定品だと、ボタンをクリックしたくなるでしょ?



ランディングページ(LP)の作成は、経験がないとなかなかうまく作れません。
理屈通りの結果が出ることが少ないので、実際にランディングページ(LP)を作り、自分で運用している人の方が、圧倒的に成果を出します。

もし、売りたい商品があるのであれば、ランディングページ(LP)を活用することも必要かもしれません。



nice!(1)  コメント(0) 

webデザイナーというお仕事 [雑談]

最近、webデザイナーという言葉を勘違いしている人によく出会う。

フォトショやイラレで絵を描く人だと思われていることが多い。
もちろん、フォトショやイラレで絵を描くことはあるが、それだけならwebデザイナーではなく、グラフィックデザイナーだ。
webデザイナーは、webをデザインしなければならない。


ホームページを作るときに使う html や css は、データを画面に表示するものであって、複雑な処理をするプログラムではない。
そのため、html や css を書き、画面をデザインするという意味で、webデザイナーと呼ぶ。
画面デザインの中に、絵を描くという作業も出てくるけど、絵を描けなくても webデザインはできる。

webデザイナーというとかっこよく聞こえるかもしれないが、ようするに、ホームページを作る人のこと。
なので、webデザイナーは、html や css はいじれるし、javascript だってそこそこ使えるのが当然。
ただ、規模の大きいホームページ制作会社になると分業しているので、画面設計を担当する人をwebデザイナーといっていることもある。
ちなみに、webプログラマーというと、php やRuby などが使える人というイメージが強くなる。


web をデザインするということは、html や css を書くだけではない。
 SEO対策になるようにソースコードを工夫するとか
 ユーザーが利用しやすいようにメニューやボタンの配置を考えるとか、
 効果的な配色を考えるとか、
意外と経験が必要で、職人的なところもある。
こういう部分ができていないと、ホームページの成果は出ない。

でも、そういうところを評価してもらえることは少ない。
それよりも目に見えて違いがわかる 見た目のデザインを評価する人は多い。


自称 webデザイナーという人がいたら、html や css を書けるか聞いてみるといい。
「css は苦手」とか、「javascript は使ったことがない」とかいう人はけっこう多い。
それは webデザイナーではなく、ただ絵を描くのが好きなだけだったりする。
web をデザインしたいのであれば、フォトショやイラレの前に、html や css が書けなければおかしい。

まともな webデザイナーもたくさんいるんだけどね。



nice!(1)  コメント(0) 

ホームページの見た目のデザイン [雑談]

ホームページの作成を依頼されたとき、依頼者から、
「かっこいいページにして欲しい」とか、
「おしゃれな画像を使いたい」とか、
「動きのあるホームページで」とか言われることが多い。

デザイン系の作成者であれば、「よし!がんばって作ろう!」となるかもしれないけど、まともな作成者であれば、「は?何いってんの?」となる人も多いと思う。

結論から言うと、ホームページの”見た目のデザイン”は、どうでもいい(極端すぎる?)。
ホームページを作る目的は、「より多くの人に見てもらいたい」ということのはず。
であれば、見た目のデザインよりも、考えなければならないことがあります。


例えば、看板やポスターなどであれば、見た目のデザインにこだわるのは理解できる。
多くの通りすがりの人に振り向いてもらうためには、目にとまるデザインが必要だから。

では、ホームページはというと、見た目のデザインで判断することはほとんど無い。
ホームページを探す場合、自分の興味のあるキーワードで検索し、一覧の中から必要な情報が得られそうなホームページを選ぶ。
もしくは、人から勧められて、リンクをクリックしてみるということもある。
ほとんどの人は、こんな使い方をしているはず。
でも、このような使い方の場合、見た目のデザインではなく、文字で判断しています。

さらに、自分の必要としている情報が載っているのであれば、見た目のデザインは気にせずに見ています。
逆に、デザインが派手だったり、画像が動いたりして、うっとうしいという場合さえある。
それなのに、なぜ作る段階になると、見た目にこだわるのか?

それよりも、見たくなるようなキャッチコピーとか、わかりやすい説明文とかにこだわるべき。
ほとんどの場合、文字で判断して見ているんだから、文字にこだわらなければ、多くの人には見てもらえない。
結局、見た目のデザインにこだわるのは、作成者や依頼者の自己満足でしかない。


そもそも、かっこいいデザインにしたから訪問者が増えたとか、きれいなデザインにしたから売り上げが伸びたなんてことは聞いたこともないし、経験したこともない。
(きれいなデザインにしたら訪問者が激減した、という経験はあるけど・・・)
あるとすれば、アーティストとかミュージシャンとか、イメージを売っている場合だけ。
近所の中小企業やお店が見た目のデザインにこだわっても、時間とお金の無駄でしかない。
見た目のデザインはそこそこにして、使いやすさや運用に力を入れた方がいい。

試しに、よく売れているネットショップとか、訪問者の多いブログとか見てみるといい。
ほとんどは、余計なデザインなどは無く、シンプルになっているはずです。


見た目のデザインにこだわっているうちは、成果の出ないホームページにしかなりませんよ。




nice!(1)  コメント(0) 

田舎の中小業でIT化が進まない原因 [雑談]

先日、役所の人と話をしたときに「企業のIT化がまったく進んでいない」という話題になりました。それは、私自身もすごく感じています。というか、驚くほど進んでいません。
いまさら「IT化」というのも変ですが・・・。

私の住んでいるところは、田舎の小さな街。
中小企業がたくさんあります。

ほとんどの中小企業は大企業の下請けだと思います。
そのためなのか、情報発信の必要性を感じていないようで、ホームページを持っていないなんて会社がたくさんあります。

連絡をとるのも、電話かFAX。
メールアドレスはもっているけど使ったことがない。
直接会いに行った方が早かったりします。

役所の申請書類をホームページからダウンロードできるようになっていても、役所まで紙の書類を取りに来たり・・・。

せめて、メールくらいは使えるようになってもらいたいものです。


もうパソコンが一般的になってからだいぶたつし、スマホだってかなり普及していると思っているのですが、実際にはほとんど使っていない、使いこなしていない会社も多いと感じています。
若い社長の会社であっても、「紙と鉛筆方式」でやっている会社もあります。


逆に、小さい会社なのに、パソコンやタブレットを駆使して、先進的なことをやっている会社もあります。
60代、70代の社長なのに、ITツールを使いこなしている会社もあります。



その差はなんなのか?
いろいろ見ていると、IT化の進んでいる会社の社長(役員)は、普段からパソコンやインターネットを利用しています。
ブログや Facebook をやっていたり、趣味の写真を整理するのにパソコンを使っていたり。
プライベートでも使っているから、ITのメリットとデメリットを理解していて、自分の会社に必要な機能がなんなのかをしっかりと認識できているようです。


IT化の進んでいない会社の社長は、ほぼ確実に自宅でもパソコンなどを使っていません。
都会にいるとスマホを活用しないと不便だと感じることもありますが、田舎だとスマホなど無くても生活に支障が出ません。
周りに使いこなしている人もほとんどいません。
普段から使っていないので、「難しいモノ」という先入観があるのかもしれません。
ITの導入に積極的な社長であっても、普段からパソコンなどを使っていない社長だとうまく活用できていないケースが目立ちます。
よくわかっていないので、会社内にパソコンに詳しい若い社員がいても、指示が出せないとか、説明できないという状況になってしまっているようです。


IT化は、トップダウンで進めることが多くなるはずなので、トップである社長がITの利点をわかっていなければ、うまく活用できません。
田舎に住んでいると、「使えなくてもなんとかなる」のですが、まずは、社長が ”使えるようになってみる” ことです。



「パソコン覚えるくらいの努力が出来ないなら社長なんかやめちまえ!」
と、某社長が言っておりました(笑)




オーディオインターフェイス [雑談]

知り合いに頼まれて、オーディオインターフェイスを買ってきました。

パソコンで音楽やっている人にはおなじみの周辺機器なのですが、それ以外の人にはあまり知られていないかもしれません。
オーディオインターフェイスは、パソコンで「音」をやりとりするための周辺機器で、マイクや楽器の音を録音したり、MIDI データを外部音源で演奏させたりするときに使います。
パソコン用のスピーカーに不満があるなら、オーディオインターフェイスの出力をステレオにつないで、ステレオから鳴らすということもできます。

今回は、動画にナレーションやBGMを入れるために導入しました。


Steinberg UR22mkII
購入したのは、Steinberg の UR22mkII という USBで接続するタイプのオーディオインターフェイスです。
USBでパソコンに接続しておけば、外部電源は必要ありません。
入力は2系統ですが、今回は動画にナレーションを入れるのが主な目的なので、これで十分。

UR22mkII


ハイインピーダンスの入力にも対応できるので、ギターなどは、ラインでそのままつなぐことができます。

一般的に、マイクで音声を録音すると音量が小さくなるのですが、GAIN を最大にしておけばなんとか使える音量になりました。
UR22mkII からファンタム電源も供給できるので、キャノン(XLR)ケーブルでつなげば、コンデンサーマイクも使えます。

モニタすることもできるので、ヘッドフォンで音を確認しながら録音することもできます。

今回は使いませんが、MIDI 端子もあるので、外部音源やシンセサイザーなどをつなげることもできます。

UR22mkII 前面

UR22mkII 背面



UR22mkII のドライバーは、付属のCDに入っていますが、最新版は、Steinberg のホームページ からダウンロードできます。

また、音楽を作成するためのソフト Cubase AI がバンドルされていますが、これはダウンロードする必要があり、ちょっと面倒・・・。
専用ページにアクセスして、アカウントを作成し、製品のシリアルナンバーを入力すると、アクティベーションコードが発行され、ダウンロードできるようになります。

専用ページ

Cubase は、音楽の知識が無いと簡単には使いこなせないので、音楽を作成しないのであれば、ダウンロードしなくてもいいと思います。



認知症サポーターの養成事業 [雑談]

高齢化社会になり、65歳以上の5人に1人が認知症になるといわれています。
認知症で徘徊しているお年寄りが死亡したというニュースもよくあります。
でも、歩いているお年寄りが認知症なのか見分けることは難しいですし、わかったとしてもどう対処したらいいのか分かりません。

ninchisyo.png


「認知症サポーターキャラバン」という事業を、厚生労働省が行っています。
「認知症サポーターキャラバン」は、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを目指した取り組みで、「認知症サポーター」を全国で養成しています。
認知症のことをよく知り、認知症の人や家族を温かく見守り、支援するのが「認知症サポーター」です。


認知症サポーターには、次のようなことが求められています。
  1. 認知症に対して正しく理解し、偏見をもたない。
  2. 認知症の人や家族に対して温かい目で見守る。
  3. 近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。
  4. 地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。
  5. まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。

認知症サポーターになるには、各自治体が行っている「認知症サポーター養成講座」を受講します。
役所の認知症対策窓口や高齢者支援を担当する課などで受け付けています。

講座は、専用のテキストやビデオを使用し、認知症の症状や認知症の方に接する時の心構え、認知症サポーターにできることなどを学びます。
時間は90分程度で、受講料は無料(会場によっては有料)です。


>> 厚生労働省 認知症サポーターキャラバン
>> 地域ケア政策ネットワーク




タグ:認知症

電力小売全面自由化 4つの疑問 [雑談]

2016年4月1日から、電力の小売りが自由化され、電力会社を自由に選べるようになりました。
興味はあるのですが、よくわからないので、調べてみました。

ene01.png


新たに電線が必要?
送電線や配線は、既存のものを利用することになり、新たに電線を引く必要はありません。


停電になる?
電力の小売契約先が変わったからといって、停電になることはなさそうです。
また、小売契約先が倒産した場合、新たな供給元が見つかるまでの間は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力など)から供給を受けることになるため、すぐに電力供給が停止することはなさそうです。


スマートメーターは有料?
電力の小売自由化によって、消費者が新たな機器を購入・導入する必要はありません。
ただし、消費者側の都合で、スマートメーターの設置場所を変更したいとか、メーターを取り替えたいといった場合は、工事費用を負担することになる場合があります。


アパートやマンションでも切り替えできるの?
アパートやマンションでも、電力会社の切り替えはできます。
ただし、建物全体で一括して電気の購入契約を締結している場合もあるので、その場合は、管理組合などに確認する必要があります。



いろいろ調べてみたのですが、まだ、小売電気事業者のサービス内容も横並びといった印象で、個人的には、もう少し様子を見てみてからと思っています。
今後、生活スタイルに合わせたサービスプランが出てくるのであれば、電力会社を切り替えるメリットはありそうです。

>> 資源エネルギー庁 電力小売全面自由化




タグ:電力自由化

安全に配慮しているバス会社は? [雑談]

バスに乗って、研修にいってきました。
温泉とおいしい料理とカラオケくらいしか覚えていませんが・・・。
普段は、電車か車なので、バスに乗ったのは数年ぶりくらい。

ただ、
 ・バスが防音壁に衝突した、関越自動車道高速バス居眠り運転事故
 ・国道18号碓氷バイパスの軽井沢スキーバス転落事故

など、バスの大きな事故が続いていたので、
出発前に運転手さんと雑談してきました。


バス会社もいろいろ対策をしていて、
  アルコールチェック
  GPSを使って、ルートや速度のリアルタイムチェック
  蛇行運転すると警報が鳴る装置
などがあるそうです。

安全対策のための装置はいろいろあっても、導入するのにお金がかかるため、運賃が高くなる。運賃が高いと、仕事がもらえない。という悪循環・・・。
運賃の安いバス会社では、安全のための装置などを導入していないこともあるとのこと。

バス会社がどんな安全対策をしているのか、利用者には判断できないので、
あまり安いバスには乗らない方がいいのかもしれない。


と思っていたら、「貸切バス事業者安全性評価認定制度」というものがあるらしい。

bus01.png
>> 貸切バス事業者安全性評価認定制度

公益社団法人日本バス協会が、貸切バス事業者の安全性や安全の確保に向けた取組状況を評価・認定する制度。
認定されたバス会社のバスには、「SAFETY BUS」(セーフティバス)マークのシールが貼られています。
認定された貸切バス事業者の一覧もPDFで見ることができます。

この認定を受けるのはかなり難しいらしいので、ひとつの基準にはなりそうです。


ツアーの参加を決める前に、旅行会社に、認定されているバス会社かどうか聞いてみてもいいかもしれません。

運賃は高いかもしれませんが、安全に配慮しているバス会社を選びたいものです。

>> 日本バス協会




タグ:バス