So-net無料ブログ作成

やってはいけないネットショップでの誤字脱字 [ネットショップ]

どんなネットショップでも
検索からの流入にある程度頼っていると思います。
売上のほとんどが検索からというショップもあるかもしれません。
検索に使われるキーワードが間違っていたら、
かなり売上に影響します。


例えば、
「ディスク」という言葉を、「デイスク」と登録してしまったとします。
「ディスク」を検索したユーザーの検索結果には、
あなたのページは絶対に出てきません。
検索結果に出てこなければユーザーがあなたのページを見ることはありません。
これは、どんなにがんばっても、売れる可能性はゼロということです。


このようなちょっとした誤字脱字は、
紙や電話でのやりとりではほとんど問題になりません。
人間がいいように判断してくれるからです。
しかし、コンピュータはいいように判断してくれません。
ネットの世界ではたった1文字違っただけで致命的な問題となります。

実際、誤字脱字を直しただけで売れるようになることはよくあります。
それまでまったく売れなかった商品が、
1文字直しただけで、毎月売れるようになったりします。


一番多いのは、例にあげたようなカタカナ語の間違いです。
カタカナ語を使い慣れていない人は、
正しいと思って使ってるケースもあるようなので、
他人に見てもらうことが必要かもしれません。

次に多いのは、どこかからコピペしてきた時に
最後の1文字が切れてしまったみたいな間違いです。
コピペ元が間違っていたということもあります。
読み直せばわかることなのですが・・・。

他にも、使う漢字が違っていたりだとか、
そもそも日本語になっていないとか、いろいろあります。


ちょっとした誤字脱字は、
数百件も商品を登録していたら、1つや2つあるものです。
時間をおいてから見直してみると、見つけやすいかもしれません。

なお、理由はわかりませんが、
「うちはちゃんとやってるから大丈夫だよ!」
という人ほど、大量に誤字脱字が見つかるのも特徴です。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット