So-net無料ブログ作成

webデザイナーというお仕事 [雑談]

最近、webデザイナーという言葉を勘違いしている人によく出会う。

フォトショやイラレで絵を描く人だと思われていることが多い。
もちろん、フォトショやイラレで絵を描くことはあるが、それだけならwebデザイナーではなく、グラフィックデザイナーだ。
webデザイナーは、webをデザインしなければならない。


ホームページを作るときに使う html や css は、データを画面に表示するものであって、複雑な処理をするプログラムではない。
そのため、html や css を書き、画面をデザインするという意味で、webデザイナーと呼ぶ。
画面デザインの中に、絵を描くという作業も出てくるけど、絵を描けなくても webデザインはできる。

webデザイナーというとかっこよく聞こえるかもしれないが、ようするに、ホームページを作る人のこと。
なので、webデザイナーは、html や css はいじれるし、javascript だってそこそこ使えるのが当然。
ただ、規模の大きいホームページ制作会社になると分業しているので、画面設計を担当する人をwebデザイナーといっていることもある。
ちなみに、webプログラマーというと、php やRuby などが使える人というイメージが強くなる。


web をデザインするということは、html や css を書くだけではない。
 SEO対策になるようにソースコードを工夫するとか
 ユーザーが利用しやすいようにメニューやボタンの配置を考えるとか、
 効果的な配色を考えるとか、
意外と経験が必要で、職人的なところもある。
こういう部分ができていないと、ホームページの成果は出ない。

でも、そういうところを評価してもらえることは少ない。
それよりも目に見えて違いがわかる 見た目のデザインを評価する人は多い。


自称 webデザイナーという人がいたら、html や css を書けるか聞いてみるといい。
「css は苦手」とか、「javascript は使ったことがない」とかいう人はけっこう多い。
それは webデザイナーではなく、ただ絵を描くのが好きなだけだったりする。
web をデザインしたいのであれば、フォトショやイラレの前に、html や css が書けなければおかしい。

まともな webデザイナーもたくさんいるんだけどね。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。