So-net無料ブログ作成

ホームページの見た目のデザイン [雑談]

ホームページの作成を依頼されたとき、依頼者から、
「かっこいいページにして欲しい」とか、
「おしゃれな画像を使いたい」とか、
「動きのあるホームページで」とか言われることが多い。

デザイン系の作成者であれば、「よし!がんばって作ろう!」となるかもしれないけど、まともな作成者であれば、「は?何いってんの?」となる人も多いと思う。

結論から言うと、ホームページの”見た目のデザイン”は、どうでもいい(極端すぎる?)。
ホームページを作る目的は、「より多くの人に見てもらいたい」ということのはず。
であれば、見た目のデザインよりも、考えなければならないことがあります。


例えば、看板やポスターなどであれば、見た目のデザインにこだわるのは理解できる。
多くの通りすがりの人に振り向いてもらうためには、目にとまるデザインが必要だから。

では、ホームページはというと、見た目のデザインで判断することはほとんど無い。
ホームページを探す場合、自分の興味のあるキーワードで検索し、一覧の中から必要な情報が得られそうなホームページを選ぶ。
もしくは、人から勧められて、リンクをクリックしてみるということもある。
ほとんどの人は、こんな使い方をしているはず。
でも、このような使い方の場合、見た目のデザインではなく、文字で判断しています。

さらに、自分の必要としている情報が載っているのであれば、見た目のデザインは気にせずに見ています。
逆に、デザインが派手だったり、画像が動いたりして、うっとうしいという場合さえある。
それなのに、なぜ作る段階になると、見た目にこだわるのか?

それよりも、見たくなるようなキャッチコピーとか、わかりやすい説明文とかにこだわるべき。
ほとんどの場合、文字で判断して見ているんだから、文字にこだわらなければ、多くの人には見てもらえない。
結局、見た目のデザインにこだわるのは、作成者や依頼者の自己満足でしかない。


そもそも、かっこいいデザインにしたから訪問者が増えたとか、きれいなデザインにしたから売り上げが伸びたなんてことは聞いたこともないし、経験したこともない。
(きれいなデザインにしたら訪問者が激減した、という経験はあるけど・・・)
あるとすれば、アーティストとかミュージシャンとか、イメージを売っている場合だけ。
近所の中小企業やお店が見た目のデザインにこだわっても、時間とお金の無駄でしかない。
見た目のデザインはそこそこにして、使いやすさや運用に力を入れた方がいい。

試しに、よく売れているネットショップとか、訪問者の多いブログとか見てみるといい。
ほとんどは、余計なデザインなどは無く、シンプルになっているはずです。


見た目のデザインにこだわっているうちは、成果の出ないホームページにしかなりませんよ。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。