So-net無料ブログ作成

PHP はダメ?理由を考えてみた [php]

私は現在、PHP をメインにプログラムを作っています。
他の言語を使うこともありますが、web の仕事はほぼ PHP です。

たまに、「PHP はダメだ」とか「PHP は使えない」という話しを聞きます。
個人的には、使えるモノは使えばいいと思っているのですが・・・。



PHP のメリットは、初心者がとっつきやすいということだと思っています。
プログラマーであれば、多少さわったことがあるという人はたくさんいます。
ちょっとしたツールであれば、簡単に作れます。
わからないことがあってもインターネットで検索すればいくらでも情報があります。
ほとんどのレンタルサーバーでは最初から PHP を使えるようになっています。
コンパイルなどの作業がいらず、書いたコードの結果をすぐに確認できます。


ただ、簡単にそれっぽいモノが作れてしまうため、いいかげんなコードもたくさん公開されています。
また、PHP は、言語仕様が厳格ではありません。1つのことに対していろいろな書き方が出来てしまいます。
この辺が、「PHP はダメ」と言われるような気がします。



もともと、PHP は、「動的にHTMLを生成する」ために作られています。
システムを作ったり、ハードウェアを制御するための言語ではありません。
ここが他のプログラミング言語と大きく違う部分です。
最終的にHTMLを生成できればいいので、言語仕様を厳格にする必要がないのです。


現在のPHP は、バージョンアップを重ねて、大規模なシステムも作れるようになっています。
ただし、初心者が簡単に作れるわけではありません。
他の言語のように、言語側がある程度コントロールしてくれるということがないため、すべて自前で書かなければいけないというイメージです。
知識や経験が無いと、穴だらけのシステムになりやすいのも、PHP の特徴です。



とはいえ、PHP は手軽なうえ、少ない工数で開発できるスクリプト言語です。
PHP での開発を指定される仕事もよくあります。
デメリットもたくさんありますが、それをわかった上でうまく使っていけばいいのではないでしょうか。



タグ:PHP
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました